シャープの復活の一翼に、生態模倣回転扇をリサイズ・オーダーメイド

 近年の発明家が、製造ライセンスを与えて、知的所有権の権利数パーセントを大企業から得る事で、大金持ちになる話があります。

 今回は,シャープを助けるのに企業開発技術を多の中小企業に、製造ライセンスを与えて、リサイズ品の権利金で救える‼

  回転扇は、今や使われていない家電が少ない。モーター・コンピューターチップの冷却に欠かせない部品なのです。静穏・省エネに適した生態模倣形状の回転扇を利用しないのは、電気不足・経済低迷の今の日本に不可欠です。

 この技術を世界に出すには、あらゆる商品に利用すべきですが、大企業でも各種各サイズに合わせるのは、無理です。ライセンス管理課権利金徴収のシステム化にアイディアが必要ですが、企業経済は、拡大できるはずです。

 東芝さんもライバルかもしれません。東芝さんは、原発製造より、風力・潮力発電開発に方向転換して欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック