日本で米軍機オスプレイテストするだけ?

 皆さんは、知って居ますか?未完成な飛行機のテスト場が日本である事!
資金も日本が提供する事も!

 呆れた押し付け何ですから!

 今のオスプレイは欠陥機である事を日本政府は、指摘すべきです。云うならば、ギッタンバッコン機なのですから! 

まず、運送機なのに本体がバランサーのつもりなのか重くしている。横方向は、流線型ではない機体設計で、離発着時の横風にプラス自分の回転翼の作る風力でキリモミ動作発生してしまう形状なのですから。全体が重いので、エンジンが設定のため大きく、本体にも影響のある推進翼プロペラと近過る主翼。エンジンと主翼が一体でプロペラの推進力の影響のでない設計が必要なのに。HONDA4輪操舵制御技術や三菱重工業・石川島播磨重工・富士重工業のエンジンと機体設計技術や多摩川精機株式会社のオートジャイロ技術などで軽くて、
横風にも、プロペラ推進力が機体に逆影響しない設計で、可動プロペラのデザインもSHARPさんの生物態様にすればエンジンも小さくできるのに!

  オスプレイは、アメリカの権力者のゴリ押しでできた産物に過ぎない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック